So-net無料ブログ作成

とっても苦労しました(汗) [楽器修理]

今日のお話はある小学校でのオルガン修理のお話です。

故障の症状は、鍵盤が1本下に下がったままなのと、ボリュームを上げても音が大きくならないの2つ。

鍵盤が下がってるのは鍵盤を交換して修理終了!

音が大きくならないのは、ペダルを踏むと小さいながらも音量が変わるんですが、スライドボリュームを上げても音量はまったく変わらず小さいまま。。。

 ちなみにこんなオルガンね

organ1.jpg

その日は会社に帰って、1番あやしそうなPNシートを注文してパーツが到着するのを待ちます。

パーツが来て小学校へ行って基板を交換...直りません(汗)

と言う事は、あとあやしいのはPUシートとDMシートの2枚になるんですが

まずは値段の安い方のPUシートを注文

到着してPUシートを交換するもやはり直らず 

念のためにペダルも交換してみるも、やはり直らず

「やっぱりDMシートか」とDMシートを注文・・・ちなみのこのシート、2万円超のとってもお高いシートなんです。

そしてDMシートが到着して4度目の訪問。

「これで直るじゃろ」とシートを交換してスイッチON!・・・直りません(大汗)

これが今週の火曜日のこと、それからその場でしばし考えて

「もしかして基板と基板を繋いでる束線が切れてる?」 

と思ってテスターで束線の電通を調べたら、PNシートとDMシートを繋いでる8ピンの束線の5番目と7番目が切れてることが判明!

「これか!」とほんとの原因が分かって、会社に帰ってそのパーツを調べると「このパーツの供給はありません」

「マジか!?」としばし途方に暮れたんですが、ふっと閃いたんです。

パーツが無いんなら切れてるところを線で繋いだらええやん!って

この写真が内部のシートが並んでる写真で、1がPNシート・2がPUシート、3がDMシートね。

organ2.PNG

そして今日の午前中に5回目の小学校訪問をして修理開始。 

1のPNシートの5番目と7番目に線を直接ハンダ付けして

organ3.JPG

DMシートの5番目と7番目のコネクターに線を挟み込んでスイッチON!

organ4.JPG

やっと直りました!!

さすがに僕も同じオルガンを直すのに5回も出直したのは初めてだったんで、音量が大きくなった時には音楽室でガッツポーズをしてしまいました。

これで今度の土曜日の発表会本番に間に合いましたね。

一時は直すのを諦めかけましたが、諦めないで直すことが出来てほんとに良かったなぁと

ほんまに良かった!!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。