So-net無料ブログ作成

ホンキートンクピアノ [調律のお話]

ホンキートンクピアノってご存知でしょうか?

多分一番「あぁ、あれね!」ってお馴染みがあるのは西部劇とかの映画の酒場のシーンを思い出してください。

 酒場の隅っこで調律もされてなくて音の狂いまくったピアノで、でもなんだか味のある歌を痩せた髭のおじさんがピアノを弾きながら唄うシーン・・・そう、あの音がズレまくってるのがホンキートンクピアノなんです。

honkey tonk.jpg

 

それは今から25年ほど前のお話、倉敷のあるピアノの先生のお宅に調律にお伺いしたときのお話。

その先生のお宅にはグランドピアノが2台あって両方のピアノの調律が終わってリビングでお茶をいただいてた時のこと、

そのリビングにはアップライトピアノが置いてあって、僕が

「そう言えばこのピアノって調律してないですよね?」

って何気なく聞いたら先生が

「そうなのよ、もうこれは使ってないし調律もしてないから音がすっごく狂ってて・・・」

と言われたあと少しの間があって先生が 

「あっそうだ根岸さん、このピアノをホンキートンクで調律してもらえない?」って突然のお申し出があり

僕は 「ホンキートンクですか?やったこと無いですけど、やってみましょうか(汗)」

と調律師になって初めてホンキートンクの調律をすることになったんです。

やってみて初めて分かったんですが、普通の調律なら音が合ったところが終着地点なんですが、ホンキートンクは逆に音を狂わすので「ここでOK」という着地場所が無いんです。

いかにホンキートンクぽく合わせるかがすっごく難しくて、苦労したのを今でも覚えているんです。

あの時に見た映画のようなカッコええラグタイムピアノが弾ければもっと調律も捗ったと思うんですが、かれこれ40分ほど「あぁでもない、こうでもない」と悪戦苦闘してたのを覚えています。

それでも何とか調律が終わって、先生に弾いてもらってOKをいただいてホッとして・・・

 

今年で調律師生活も34年になりますが、今までで音を狂わせて調律料金を頂いたのはこの時の1台だけですな。

そんなことをふと思い出した休日の昼下がりだったんです。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。