So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

テクニトーンを修理してみる [楽器修理]

ピアノの先生宅に調律に行ったのが今から1年ちょっと前のはなし

その時にテクニトーンの音が出ない鍵盤がある相談を受けたんですが

エレクトーンは直す自信があったんですが

テクニトーンはまた違うので自信が無いんですと丁寧にお断りして


そして今年の7月頃、再度修理の依頼があって

ダメ元で見るだけは見てみましょうかと再び先生宅へ


音が出ないのは鍵盤の接点不良が原因なので、まずは本体を分解

1時間程かけて接点基板にたどり着いたんですが、、、

見たこと無い接点の仕組みにそこでギブアップ


そのあとネットで検索してまったく同じ機種の同じ症状を修理したページを見つけて

どうやら直せることが判明


そして本日、3度目の先生宅に訪問


これがそのテクニトーン

IMG_1.jpg


前回分解してるのでこの状態までに約5分

IMG_2.jpg


接点基板がこれ

IMG_3.jpg


基板を外して裏返して接点部分がこれ

IMG_4.jpg


基板の接点部分をよく見ると黒い部分がシールになっているのを発見

丁寧に剥がしてみると接点が出て来ました

IMG_5.jpg


接点をクリーニングして取り付けてテストしてを繰り返すこと3回

やっと全部の音が出るようになりました


諦めずに色々と調べた甲斐がありました


これでまた一つレベルアップ出来たかなと思った今日の修理だったのです


ちなみにこの先生、僕が高校1年の時の同級生なんです

直せて良かったわ(^▽^;)



nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。